2006年10月02日

出産費貸付制度とは

出産をすると、出産育児一時金として30万円が支給されますが、
支給されるのは出産後ですので、退院時の支払いには間に合いません。
そこで、退院時の支払いに間に合うように、出産費用を事前に
貸付してもらえるのが、出産費貸付制度です。



posted by ハッピーママ at 22:04| 出産費用貸付 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

出産費用の貸付の対象

政府管掌健康保険及び船員保険の被保険者、
または被扶養者(国民健康保険は対象外)で、
出産育児一時金の支給が見込まれる方のうち、
次の(1)か(2)のどちらかに該当する方です。

(1) 出産予定日まで1ヶ月以内の方。
(2) 妊娠4ヶ月(85 日)以上で、病院・産院等に一時的な支払いを要する方。

posted by ハッピーママ at 22:03| 出産費用貸付 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

貸付してもらえる出産費用

最大で出産育児一時金の8割(24万円)を貸付してもらえます。
10割(30万円)を貸付しているところもあります。

posted by ハッピーママ at 22:03| 出産費用貸付 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

貸付金の利子

貸付金は無利子で貸付を行っています。

posted by ハッピーママ at 22:02| 出産費用貸付 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

出産費貸付の申し込み方法

以下のものを揃えて、社会保険協会(支部)に申し込みます。

(1) 出産費貸付金貸付申込書兼借用書
(2) 母子健康手帳の写し
妊婦氏名と出産予定日が記載されているページ
(3) 健康保険証の写し
被扶養者が出産する場合は被保険者と被扶養者の写し
(4) 出産育児一時金請求書
(5)「妊娠4ヶ月(85日)以上の方で、病院・産院等に一時的な支払いを要する方」の場合、医療施設が発行した出産費用の請求書の写し等

posted by ハッピーママ at 22:01| 出産費用貸付 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

貸付金の返済方法

出産育児一時金請求書を提出すると、出産育児一時金から
出産費用として貸付た金額から差し引かれます。

posted by ハッピーママ at 22:00| 出産費用貸付 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

出産費用の支払いに便利なカード「はっぴーママカード」

出産費貸付制度を利用しなくても、出産費用の支払いに便利なカードがあります。

出産費用として、ご利用限度額が一時的に増額してもらえます。
◎はっぴーママカード加盟の産婦人科、全国の国立病院、
マスターカードが利用できる病院で、1回払いで利用した場合、
お支払い月を翌々月に変更できます。

そのほかにも、子育て支援の特典満載!
出産後も、いろいろ使えるカードです。

スピード発行なら、最短3営業日でカードが発送されますよ。



>>詳細情報はこちら




posted by ハッピーママ at 21:58| 出産費用貸付 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。